アートでこんなことができます

CSR / CSVの向上

様々な社会課題に対して、これまでなかった方法やアイデアを用いてより効果的、またユニークな手法で解決することが可能に。より社会的な認知度が上がり、企業のイメージアップなども期待することができる。

ブランディング / PR効果

アートを用いることで、店舗・企業・団体・自治体など、それぞれがターゲットにしたい層に向けてより説得力のある伝え方をすることができます。継続的に用いることで、企業のイメージを戦略的に構築していくことができます。

地方創生

アートを用いて、地方にある様々な問題を解決する新しいアイデアや手法を取り入れることができます。また現場では、新しい手法とこれまでのやり方との間に摩擦が生じないように、十分なコミュニケーションを行いながら進めて行きます。

アートの費用対効果

アーティスト

×

ブランディング

で長期的な利益を創出します

対内部

作品

・職場環境改善
・ストレス軽減
・コミュニケーション

・企業メッセージ
・イメージ向上
・コミュニケーション

対外部

ブランディング

・競争差別化

・価格競争回避

・顧客ロイヤリティ

・PRコスト削減

アーティストのファンによる情報発信、作品を目にした人による口コミ、SNSなどによる発信によって宣伝費をかけず、ターゲット層に向けて効果的な集客・宣伝効果を期待することができる。

長期的利益の創出

​研究で分かったアートの効果

​研究1

ストレス軽減

創造性

士気の向上

企業価値伝達率

生産性の向上

Business Committee for the Arts and International Association of Professional Art Advisors

​研究2

クリーブランド医療センター

60%の入院中試験者で、院内のアート作品によるストレス軽減が認められた。

45分間の創作活動は、創作スキルや過去の経験に関わらず、ストレスの軽減が認められた。

​研究3

Forbes 

オフィス空間(会議室、応接室、待合室)の絵は、来客者に快適な空間を提供するだけでなく、企業との感情的なレベルでの深い繋がりを気づかせる。

実績紹介

壁画

食/農/まちづくり特化型コミュニティスペースとして、多くの人が集まり、交流する。そんな場所にという願いを、燃えるような女性の髪の様々な色を通じて表現。

クライアント:コミュニティスペース「Tomoshibi」

​施工場所:Tomoshibi 交流スペース壁面

​アーティスト:如月杏奈

​装花

『職人の技術・ものづくり文化」×「音楽フェス」をテーマにしたイベントにて
伝統と若者の文化が融合する新しい空間を創出。日本の伝統的な価値観・倫理観が表されている枯山水とカフェ・休憩スペースが一体となった空間を表現。

クライアント:Ley Line Festival 2017
施工場所:愛・地球博物モリコロパーク

イベント企画運営

【 ワークショップ 】
作家、アーティストによるものづくり体験をたのしむことが出来るブースのプロデュース、企画を行います。

【 撮影ブース 】

プロのカメラマンによる出張撮影スタジオ。
 

【 作家販売ブース 

こだわりと個性溢れる作家さんによる販売ブースの出店企画、運営を行います。

メンテナンス、PR制作物

春・夏・秋・冬と楽しんでいただけるよう、定期的な作品のお取り替えも行なっております。また、キャラクターづくり・物販・フライヤー・PRアニメーション・絵本などアーティストによる様々な形制作物を通してPR面の強化のお力添えをいたします。

作品名:sketch movie つねまるの想い【 片山鶏肉店 】
アーティスト:【 許家瑋 キョ カイ Chiawei HSU 】

協力制作会社:メディアパーティ株式会社

飲食店

サスティナブルキッチンRosy様

(店内壁画施工)

お店のコンセプトである ”サスティナブルな食” を壁画で表現。『SDGsやエシカルなど、難しく聞こえてしまう言葉を、楽しく思い描く未来を想像したい』というオーナー様の想いを形にしました。古民家の温もり溢れる世界観を崩さないよう、統一感のある色合いを大切にしました。

介護施設

介護付き有料老人ホーム ルフラン荻窪様

(エントランス装花)

入居者様に『我が家のような暮らしを』というオーナー様の想いを汲み取り、 お花を身近にを置くことを基本コンセプトに、教室から装花までをプロデュースさせて頂きました。施設の顔である玄関には、来る人は目を引き、心和やかになる空間演出をしました。

弊社では企業/団体様の思想を様々な表現方法でビジュアル化しております。 幅広い年代層に向けメッセージを伝えることが可能となります。

依頼主様の声

​お問い合わせ

 

Copyright 2019 BONART.inc