【エコバッグ手作り体験】「SDGsとは?」を学べる子ども向けアート教室


【エコバッグ手作り体験】「SDGsとは?」を学べる子ども向けアート教室

弊社のアートイベント事例を紹介!~アートで学ぶSDGs~オリジナルエコバッグ作り体験


BON ARTの人気企画「アートで学ぶSDGs」シリーズ第一弾を紹介します。

経験豊富なプロのアーティスト・クリエイターをゲストに呼び、実際に手を動かしながらアートやモノづくりを体験します。



昨今よく耳にすることが多い環境問題やSDGsについて、私たちが身近で出来ることとは何かなどを、アートを通して大人から子ども向けにも簡単に楽しくアート体験を通じて理解を深めることができる体験型のアートイベントです。


今回はプラスチック問題をテーマに、エコバッグを手作りで作ります。この企画は2021年に千葉県の流山おおたかの森ショッピングセンターで開催し、お子様づれのご家族や若い女性のお客様で賑わいました。


目次

1, イベント企画の背景と提案方針

2, ターゲットについて

3, イベント内容詳細

4, よくある質問(参加難易度 / 対応可能人数 / 予算感)



 


・SDGsの文脈に乗せた企業PRをしたい

・商業施設や企業様でファミリー層や若い女性を集客したい

・福利厚生の一環としてアートイベントを考えている

・教育施設や介護福祉施設でのイベント企画を考えている


 


イベント企画の背景と解決方針


千葉県流山市にある流山おおたかの森ショッピングセンターは、駅直結型のショッピングモールで東京都心や千葉県近郊の都市ともアクセスが良く、平日休日問わず多くの人で賑わう活気のある商業施設です。



そんな流山おおたかの森ショッピングセンターも近年はSDGsの活動を積極的に行っており、地域の方々と共創して様々なイベント・取り組みを実施しています。同施設は家族連れや学生など若年層のお客様が多いことが特徴で、ターゲットに喜ばれ、独自性が高い企画コンテンツをご提案いたしました。


ターゲットについて



今回の企画では、20~40代の女性、お子様連れのファミリー、流山おおたかの森駅近隣にお住まいの方々を中心としたターゲット設定を行いました。対象年齢はどなたでもご参加頂ける内容ですが、お子様は基本的に小学生以上のお子様で、未就学児のお子様は保護者同伴で参加可能としました。カバンに絵や色を塗っていくワークショップのため、危ないハサミなどは使わず安心してご参加いただける内容になっております。


イベント内容



世界中でプラスチックによる海洋汚染問題が深刻化しています。原因の多くは私たちの生活から排出されるプラスチックごみだと言われています。中でも買い物の時にもらうビニール袋はその便利さから生活の中で多用されており、それらが一部適切に処理されない状態で河川や海に流出し、マイクロプラスチックとなって海を汚染している問題です。



近年では日本国内、国外問わずビニール袋の無料提供を停止している店舗が増え、代わりにエコバッグを推進する活動が増えてきました。エコバッグも様々な模様やイラストが施されおしゃれなものが増えてきましたが、中には自分で染めたりペイントしたりと、オリジナリティを求める消費者も増えております。



エコバッグにシンプルな線と色をハンドペイントで描き、世界に一つだけのオリジナルエコバッグを作る体験型アートのワークショップを開催しました。イベントは一回45分間で実施し、まず冒頭に環境問題やSDGsのことについて知ってもらうための講演を10分ほど、そののちに実際に絵具と筆を使って思い思いの柄をバッグにつけていきます。バッグはペットボトルの再生繊維からアップサイクルされてつくられたエシカル素材を用意しました。



今回の目玉である簡単におしゃれに見えるようなイラストの描き方のコツをプロのアーティストが教えました。ゲストは線画アーティストとして人気を集めている如月安奈さんをお招きしました。



参加された方は興味深々に、アーティストの見本を描く様子や、絵を描くコツについて聞き入っており、説明が終わると一転集中してそれぞれを作品を制作しました。「学校での美術の授業以来何年ぶりに絵を描きました」と楽しそうにお話されるお客様がいらっしゃいました。


普段なかなか絵を描くということは少ないと思いますが、いざやってみると自分でも気が付かなかった新たな一面を引き出せたり、子供の才能をさらに開花することができたと、お子様連れのファミリー・若い女性の方々・カップルのお客様問わず好評でした。








開催期間中には実際に参加された方の中でインスタグラムで発信される方も少なくなく、とても映えるイラストは拡散され、「知人のインスタの投稿を見て参加しました」と、新たな集客を生んでいるシーンも見られました。


あっというまに45分のアート体験は終わりを迎え、完成したエコバッグはしばらく乾燥台で乾かした後、2-3時間後に再び取りに来て頂きお持ち帰り頂きました。1日84組の限定枠でしたが終日通して満席となる人気企画となりました。



 


参加難易度は?


難易度としては、完全に未経験でも楽しめます。もちろん多少経験がある方はよりお楽しみ頂ける企画です。


対応可能人数は?


実施にする場所や周辺環境に応じて変動しますが、講師アーティスト1名、お客様の制作補助に回るアシスタントスタッフが付いて、1回15名ほどを想定しています。スタッフを増やすことでさらにキャパシティを増やすことも可能です。


1回45分の体験&15分の転換時間ですと無理なく進行できる様子でした。人気企画のため一時間ごとで開始時間を設定し、入口では整理系を配布するといった形で進めました。


予算は?


こちらは一般にはお出ししていない情報でした下記の専用フォームから予算感や、企画詳細、実際に参加された方に募ったアンケート(個人情報は記載しておりません)の集計結果などをご案内しております。





 


今回は「アートで学ぶSDGs」シリーズ第一弾、ハンドペイントによるオリジナルエコバッグ作り体験の様子をレポートしました。最後まで御覧頂きありがとうございました。また更に詳しいイベントの予算感、進行方法や企画詳細、アンケート結果などは下記の専用フォームからお問合せください。





閲覧数:10回0件のコメント